ネットで始まる恋愛を!と期待していました最近、Twitterやミクシィ等のSNSでリアルな恋愛へ発展するケースは珍しくないと聞き、Twitterで出会いを探しました。

探していたところ、自分の住んでいる地域の近くで出会い目的のようなユーザーを見付けたのです。

可愛らしい文章に惹かれ、ツイートに「いいね」や「リツイート」を繰り返し、フォローをしたところ相手からもフォローを返してもらえたのでした。

思い切ってダイレクトメッセージで、「仲良くしよう!」とダメもとで相手に送ったメッセージに対しても、「喜んで!」とOKまでしてくれたのです。

相手のツイートを参考に相手の趣味に合うように投稿やコメントを心掛け、仲が深まった頃にLINEのIDを聞きました。LINEのIDはサブアカウントです。

ちょっと調子に乗って恋話をしましたが、相手も非常に楽しそうに話すので、会う約束をと交渉したらなんと!この件もOKしてくれるではないですか。非常に胸がドキドキしました。

が...その瞬間「まだ気付いてないの?」と言われ、どういうことか?と聞き出したところ、ネカマでした。『ネットオカマ』です。

私はあっさり釣られたことを後悔し、恋愛に関することにはもう手は出さない!とLINEもTwitterも封印したのでした。そんな悲しいエピソードです。