好きの気持ちのバランスって大切です私は以前、ニューヨークの大学に留学していました。

日本にいたときにはボーイフレンドもいない内気な私でしたが、ニューヨークの大学に通うようになって、前向きにボーイフレンドが欲しいと思うようになりました。

大学ではキャンパス内の寮に住んでいたのですが、そこで同じ階に住む韓国人の男性と友人の誕生日パーティーで知り合ったのです。

同じ階ですぐに会うことができたので、彼は積極的に私のところに来てデートに誘ってくれたのでした。

共通語は英語でしたが、まだ私の英語力はそれほどではなかったので、口数は少なくニコニコ笑っているばかり。そんな私に気を遣ってくれたのか、最初のデートは映画でした。リバイバルで上映されていた「アマデウス」を観に行ったのです。

私は彼のことが大好きでもう夢中だったのですが、彼も同じように私のことを想って大切にしてくれていました。片方だけの好きが大き過ぎると、気持ちも満たされず不安な思いもしたでしょうが、調度良いバランスでお付き合いが出来ていましたね。

いつもお互いの部屋のどちらかにいることが多かったですので、一緒に住んでいるのと同じ状態でした。

彼は本当に優しくて、勉強が手につかないくらいラブラブな毎日でした。